一風堂の「麺の硬さ」の隠れた選択肢

一風堂の団扇


としまえんに行って、大量にカロリーを消費したので、張り切って久しぶりに一風堂へ向かう。

白の卵入りと、明太子御飯と、餃子を頼んでパクパクと食べまくりました。
相方が食べ終わるまで、さらにひたすらピリ辛もやしを食す。おかげですっかり食いすぎた。


せっかくラーメンの話題をするので、一風堂のマメ知識でも。
一風堂ほど麺の硬さを調整してもらえるラーメン屋さんもないと思います。
お店でも「麺の固さはどうされますか?」と注文の際に必ず聞かれます。


大抵のお客さんは、「かため・ふつう・やわらかめ」の三段階で注文しますが、


これが、通のお客さんになると、はりがねばりかた・かため・ふつう・やわらかめ」の五段階で注文するようになります。
ここまでは、一風堂のホームページの片隅に書かれていますから。


でも実はですね、もう一段階上の固さで注文できるのです。
ここまで来ると、麺の固さはあくまで人の好みの問題なので、お薦めしているわけでもありませんが、固めが好きな私は、こいつで注文します。


『粉落とし』


というわけで、さらに通になるとこなおとしはりがねばりかた・かため・ふつう・やわらかめ」の六段階で注文できるようになります。


ちなみに「粉落とし」で注文すると、ラーメンがの様に早く出てきます。本当に粉落としているだけなんやな(笑)
厨房からも威勢の良い声で、「ハイ!粉落とし入りま〜す!ハイ!あがりま〜す!」と聞こえてきます。


はやっ!!


まぁ、別に知っていなくても、一風堂のラーメンは十分美味しく味わえるのですが、機会があれば是非一度お試しアレ。