CloudComputing

AWS(Amazon Web Services)関連情報の日本語IRCチャンネル(JAWS-UG)

いや、Twitterに書くレベルの事なのですが、ググっても出てこなかったので、じゃあブログに書いておこうかと。"freenode"の"#jawsugチャンネル"で情報のやり取りがありますよー。AWSユーザ同士での交流&情報交換されたい方、是非ご参加くださいね。 必要な…

FreeBSD on Amazon EC2を動かしてみる

先日、Amazon EC2上で稼動可能なFreeBSDのAMIが公開されました。バージョンは、FreeBSD 9.0-CURRENTのみ、"For t1.micro instances only!"という、まだバグも含まれた実験段階のものということ。 が、動くものが公開されたということは非常に喜ばしいことで…

Amazon Web Servicesのサービスチケットを使う方法

いきなり話はそれますが、先日の"エンジニアブレークスルー Vol.02"にお越しいただいた方、お話させていただいた方、登壇者・スタッフの皆様ありがとうございました! さて、Amazon Web Servicesのサービスチケットを、先日ある事の報酬として入手いたしまし…

Amazon EC2性能検証!気になるパフォーマンスをインスタンスタイプやリージョン毎に計測・比較してみた

大手クラウドサービスであるAmazon EC2では、9種類ものインスタンスタイプ(サーバの種類)から、利用したいスペックのサーバを選択できます。また、EC2のサーバは、4ヶ所ものリージョン(アメリカ東海岸、同西海岸、ヨーロッパ西部、シンガポール)から稼動させ…

EC2のAvailability ZoneはアカウントID毎にマップが違うようだ

って、今更な話のようですが。Amazon EC2を頻繁に使っていると、たまに以下のような「キャパオーバーだから、他所のZoneを使ってね」的なメッセージが出ると思います。 We currently do not have sufficient m1.small capacity in the Availability Zone you…

Amazon EC2の「Cluster Compute Instances」を使ってみた(High Performance Computing向け)

先日、Amazon EC2の新しいインスタンスタイプで、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)向けの「Cluster Compute Instances」が発表されました。特筆すべきは、 Cluster Computeは標準的なEC2より処理パワーが向上しており、クラスタの計算ノード間のネ…

Amazon EC2でサーバを起動したらアタックされた!ので、運用前にチェック・対策しましょうという話

クラウドを使っていたら、こんなことがありました。(実話) Amazon EC2用の固定IPアドレス(Elastic IP Address)を取得する Amazon EC2でサーバ(インスタンス)を起動する 先ほど取得した固定IPアドレスを、EC2のサーバに割り当てる EC2のサーバでApacheを起動…

第2回 AWS User Group - Japan 勉強会に参加してきた

第1回に引き続き参加してきました。AWS(Amazon Web Services)のUser Groupによる勉強会。 前回同様、大盛況でしたね。150名定員に対して213名ものエントリ。 第2回 AWS User Group - Japan 勉強会 : ATND で、ブログに報告を書こうと思ったら、Twitterでの簡…

Amazon EBSからブートしたEC2インスタンスのディスク容量を増やす&エフェメラルディスクを取り付ける方法

Amazon EBSは、永続的にデータを保持できるボリューム(ディスク)が扱える、Amazon EC2のストレージオプションです。通常(instance-store)のAmazon EC2のサーバローカルに接続されているディスクは、良くも悪くも停止時(terminate)にデータが消えてしまいます…

ec2-api-toolsでRegionを設定(固定)する

いつも忘れてしまうのでメモ。 ec2-api-tools(Amazon EC2のコマンドラインツール)を利用する場合、インスタンス(仮想サーバ)起動/停止など、各コマンドをそのまま(デフォルトのまま)実行すると、"us-east-1"のRegion(ロケーション)が対象となります。よって…

Amazon Web Servicesのシステムアーキテクチャを少しばかり推察する

「Amazon Web Services関連の求人」のエントリでも紹介しましたが、Amazon Japanが技術者(エンジニア)に関する求人を募集しています。 Amazon エンジニア特別求人情報 その中の「データセンターテクニシャン」という職種の募集要項を眺めていると、当然です…

Amazon EC2上では365,000のWebサイトがホストされている

via. Netcraft Finds 365,000 Web Sites on EC2 | Data Center Knowledge 上記のポストによると、英NetCraftの調べでは、Amazon EC2には365,000ものWebサイトがホストされているようです。そのホスト数は過去8ヶ月増え続けており、2009年12月度と比較して、+…

Amazon EBSのスナップショット(バックアップ)を取得しつつ世代管理も行うスクリプト

# タイトル長い。Amazon EBS(Elastic Block Store)では、スナップショット機能と呼ばれる、ボリューム(ディスク)を瞬時にバックアップする機能をAPI経由で簡単に使うことができます。 参考 最近発表されたストレージサービスAmazon EBS(Elastic Block Store)…

Amazon EC2の仮想サーバ(インスタンス)から自身のメタ情報を取得する方法

Amazon EC2で起動した仮想サーバ(インスタンス)では、サーバの内部から、そのサーバ自身の各種メタデータ(MetaData)を取得することが出来ます。 自前でAMIをカスタマイズする際、インスタンスの起動時に割り振られる(確定する)データ(例えば、IPアドレスとか…

TIS/SonicGardenが、Amazon Web Servicesのソリューションプロバイダとして認定されました

本日、私の所属する組織であるSonicGarden(TISの社内ベンチャーカンパニーです)が、米Amazon社より、正式にAmazon Web Servicesのソリューションプロバイダとして認定されました。 詳細は、以下のリンク先をご覧ください。 AmazonWebServicesのソリューショ…

書籍「AmazonCloudテクニカルガイド」を読んだ

「遅れてしまいましたが...」というメッセージと共に手元に届いた1冊の書籍。Amazon Web Services関連の最新書籍を、著者/編集者様より献本御礼。ありがとうございます!AmazonCloudテクニカルガイド ―EC2/S3からVPCまで徹底解析―作者: 李昌桓出版社/メーカ…

米政府機関「Recovery.gov」がAmazon EC2に全面移行とのこと

US Recovery Accountability and Transparency Boardと呼ばれる組織が運営するサイト「Recovery.gov」がクラウド環境へ移行すると発表されており、そのホスト先がAmazon EC2であるとのこと。ソースは以下です。 White House moves Recovery.gov to Amazon's …

簡単にクラウドでDB(MySQL)環境が使える!Amazon RDSの使い方

先日「Amazon RDS」に他ロケーション(Zone)で自動フェイルオーバーできるオプションが追加され、より実用性が高くなりました。また、"AWS Management Console"からの、Amazon RDSの利用がサポートされたことにより、利用の敷居もグッと下がりましたよね。 Am…

s3syncの実行時に"Permanent redirect received. Try setting AWS_CALLING_FORMAT to SUBDOMAIN"が出た場合

"us-west"に設置しているAmazon S3のバケットに対して、s3sync.rbで同期(処理実行)を行った際に、以下のエラーが発生した。 Permanent redirect received. Try setting AWS_CALLING_FORMAT to SUBDOMAIN S3 ERROR: #<Net::HTTPMovedPermanently:0x2aaaaedd5ff8> 上記の文面に書かれている通りではあるが</net::httpmovedpermanently:0x2aaaaedd5ff8>…

Amazon EC2/S3/他がアジア(シンガポール)で利用可能になったのでレイテンシを計測してみた

昨年11月に発表されていたAmazon Web Servicesのアジア・パシフィック展開(Amazon Web Servicesが2010年上半期にアジアへ進出)ですが、とうとう本日正式に利用可能になりました。これで、AWSでは、アメリカ東部・西部、ヨーロッパ西部に続いて4ヶ所目のRegio…

@ITに、Amazon RDSに関する記事を寄稿しました

ご縁があって、@ITに「Amazon RDS」(Amazon Relational Database Service)の紹介記事を寄稿しました。 @IT:すぐに使える、手軽に使えるクラウド上のMySQL「Amazon RDSの使い方」 今回の記事は、Amazon RDSの概要ということで、課金体系・スペックや、Amazo…

Amazon EC2のサーバからメール送信をするまでにやるべきこと (スパムメール扱いを回避する!)

先日のデブサミ2010でも話した(デブサミ2010の資料"クラウドサービスAmazon EC2を活用した「SKIPaaS」構築事例"を公開します+α)のですが、Amazon EC2のサーバからメールを送信すると、一部分の宛先(メールサーバ)では、迷惑メール(SPAM)扱いされ、突き返さ…

日経SYSTEMS(クラウドきほんのき)に、Amazon EC2/S3[運用編]を寄稿しました

日経SYSTEMSの2010年1月号より、"クラウドきほんのき"という連載講座の第7回より3回に渡りAmazon EC2/S3に関する連載を寄稿させていただいています。 今月号(2010年3月号)では、Amazon EC2/S3に関する第3回目(最終回)が公開されています。 日経BP SHOP|日経…

デブサミ2010の資料"クラウドサービスAmazon EC2を活用した「SKIPaaS」構築事例"を公開します+α

昨日まで目黒雅叙園で開催されていた「Developers Summit 2010」。TwitterのTLを眺めていても、雪降る東京の寒い街中で、本当に熱い熱気に包まれていましたよね! # http://labo.artry.net/devsumeet/tweets そのクラウド構築事例のセッションにて、Amazon E…

デブサミ2010でクラウド構築事例の話をします

2010年。今年もデブサミの季節がやってまいりました。今年は、"Cloud Development"にて、クラウド構築事例のセッション(2/18)でお話させていただくこととなりました。 世界は変わった。開発の現場はどうか? Developers Summit 2010 http://www.seshop.com/e…

日経SYSTEMS(クラウドきほんのき)に、Amazon EC2/S3[設計編]を寄稿しました

日経SYSTEMSの2010年1月号より、"クラウドきほんのき"という連載講座の第7回より3回に渡りAmazon EC2/S3に関する連載を寄稿させていただいています。今月号(2010年2月号)では、Amazon EC2/S3に関する第2回目が公開されています。 日経BP SHOP|日経SYST…

Amazon EC2/S3ユーザコミュニティのご紹介

先日、MTLさんで開催された"TokyoCloud Developers Meetup #3"で、発表させていただいたときにご紹介させていただいたのですが、下記のAmazon EC2/S3の書籍内容のフォローサイト、と兼ねてAmazon Web Services関連のユーザコミュニティサイトを立ち上げまし…

日経SYSTEMS(クラウドきほんのき)で連載をはじめました

日経SYSTEMSの2010年1月号より、"クラウドきほんのき"という連載講座の第7回より3回に渡りAmazon EC2/S3に関する連載をはじめることとなりました。 日経BP SHOP|日経SYSTEMS2010年1月号 Amazon EC2/S3関連の第1回の今回は「概要編」ということで、基…

アマゾンジャパンのオフィスでAWSのエバンジェリストの方とお話しました

どこまで書いて良いのかわからないのですが、ログとして残しておこう。 (写真が1枚もないのが失敗だー。) 経緯は、先月アマゾンジャパン(Amazon Japan K.K.)の方から連絡をいただき、Amazon Web ServicesのSenior Evangelist(シニアエバンジェリスト)のJeff …

Amazon EC2/S3/他がアメリカ西海岸で利用可能になったのでレイテンシを計測してみた

これまで、Amazon EC2/S3およびその周辺サービスは、アメリカ東海岸と西ヨーロッパで利用可能で、先日は来年度からアジアで利用できることが発表されたばかりですが、本日よりアメリカ西海岸のロケーション(Region)で利用可能になったことが発表されました!…